”破壊が無ければ再生は無い 生命の循環の永遠の形 真実の種から産まれた木”

MorningParkには大きな樹が生えていて、世界中の色とりどりの美しい花が咲き、あらゆる果物の実がなります。

このMorningParkの樹は、表現をするための掲示板です。どんな言葉でも、詩や小説、散文、イラストや音楽でもかまいません。あなたの思いを、届けてみませんか。
それはこの木を育む栄養になって、実をつけ、花を咲かせ、ここを訪れた旅人を癒します。

投稿ルールはこちら(随時改定)

管理人 えん

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃検索 ┃設定 ┃TOP ┃MorningParkへ戻る  
81 / 518     ←次へ | 前へ→

獅子と水亀(童話)
 えん E-MAILWEB  - 07/4/11(水) 18:49 -
*この作品は私が6年前に書いた童話、獅子と水がめ(一個前に再掲しました)の続編・・・かも知れないのであちらを読んでいただけるとより楽しめ・・・るかも知れません。*

獅子と水亀

ずっと昔に、大切な水瓶を壊してしまった一人の獅子がいました。彼はその事など忘れ、日々を百獣の王として過ごしていましたが、ある時、彼は気付いたのです。あの瓶が、どれほど大切な存在だったのかを。
彼は満月の晩、湖に映る自分の、醜い威張った姿を見て、嘆き、泣きました。もう一度、会いたい。一緒に生きたい。会いたい、と。
けれど、その願いが叶うことはありませんでした。そうして、夜が明けました。一匹の水亀が、大丈夫?と、獅子を覗き込んでいました。
「お前は、誰だ?」
と、獅子は言いました。
「僕は君を助けに来たんだよ。」
水亀はえっへんと答えました。
「嘘を言え、私が泣いているのを見ていたのか。」
「えへ。」
水亀は小さな手で、獅子の足を撫でます。
「ねぇ、獅子さん。僕を乗せて、ずっと一緒にこの世の果てまで旅をしないか。僕はずっと一人で旅をして、ここにいたんだ。君もそうだろ?一緒に行かない?」
獅子は、水亀を、ひょい、と背に乗っけました。
「ああ、良いぜ。」
獅子は嬉しそうに笑い、水亀は必死でそのたてがみにつかまるのでした。

それから彼らはずっと長いこと、一緒に旅を続けました。そして、世界を苦しめる魔法使いを倒す旅に出ることになるのですが・・・それはまた別の物語。次の機会にお話しすることにしよう。
彼らの友情は続く。
「ずっと、一緒だよ。」
「ああ、これからも、よろしく。」
二人は真っ赤な朝陽に向かって、のんびり、歩いていくのでした。手をつないで。
毛と、手でしたか。


引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.8.0.11) Gecko/20070312 Firef...@softbank219019036054.bbtec.net>
・ツリー全体表示

獅子と水亀(童話) えん 07/4/11(水) 18:49

81 / 518     ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃検索 ┃設定 ┃TOP ┃MorningParkへ戻る  
 10862
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v0.99b5

Copyright (C) 2011 Tanaka Ryo Office.
http://www.morningpark.com/